ケルンボード

なつめコーヒー

名古屋市瑞穂区駒場町1丁目10−1
(桜山駅から西に二〜三分)

更新日:2021.01.31

休みの日の朝ともなれば、目覚めた瞬間に「今日はどこへモーニングに行こうか」と頭の中に地図を展開させ、いろいろなお店を思い浮かべながらさくさくと洗濯などを終えて、自転車に乗ってちょっと遠くまでこぎだしてみる、というのが常なのだけど、雨や雪や、その他やんごとならない理由によって遠くまで出られないという朝もある訳で、そういった時に、家から歩いて向かえる距離によい喫茶店があるというのは、それだけで百点満点の生活です。

桜山の、環状線からすこし西に入ったところにあるなつめコーヒーは、自分の生活におけるその「よい喫茶店」の最たるお店である。自動ドアを開けると店内は木のやさしい風合いで、すっきりとした物の配置、音楽は軽いボサノバなどがかかっている。
朝に訪れると、やってくるお客さんの多くがご近所の高齢の、それぞれお互い顔なじみの方々という様子で、昨日は誰と会っただの、最近誰の顔を見ないけれど元気だろうかだの、そういう話が飛び交い寄り合い所のような空間になっている時間があるのだけど、そういう場所にありがちなキュウとした狭苦しさが ないのは、店主のなつめさんがさらさらとした川のような雰囲気だからかもしれない。
なんとも、ほどよく、気楽なのである。

糖質ゼロ甘味料と小さな生花

空間の気楽さに加えて、なつめコーヒーはばつぐんにモーニングが美味しい。
セットの内容は、トーストと、ポテトサラダかヨーグルトを選ぶ形式。10時半までというのもありがたい。
トーストのパンは自家製とのことで、これがまあモチモチでとっても美味しい。それだけでもじゅうぶんに満足な朝パンなんだけれど、さらに30円を足すことで、あんこトーストやシナモントーストにすることもできる。シナモントーストは、はちみつがたっぷりかかった上にシナモンがふりかけられているもので、口に入れるとサクッとした歯ごたえからのモチモチしたパン部にジュワーとはちみつが染み込んで、さらにシナモンのよい香りが踊り舞う、なんて贅沢な朝だろうか。
くわえて、お店で自家焙煎されているコーヒーがとても美味しい。3種類のブレンドやそのほかにも豆で選ぶこともできる(ブレンド以外の豆を選ぶと、絵付きのコップで出していただけてちょっとたのしい)。
一口一口トーストを食べ進めながら、コーヒーを飲みながら、近くの方々の会話や雑誌の内容をぼんやりと追う時間を過ごすと、人間として生活をするってのはいいもんだなあ、という気持ちになるのであった。

付け合わせのポテサラがまた美味しい

TOPに戻る